2011年業績|埼玉医科大学 医学部病理学・大学病院中央病理診断部

著書

論文

  1. Wakasaya Y, Kawarabayashi T, Watanabe M, Yamamoto-Watanabe Y, Takamura A, Kurata T, Murakami T, Abe K, Yamada K, Wakabayashi K, Sasaki A, Westaway D, Hyslop PS, Matsubara E, Shoji M: Factors responsible for neurofibrillary tangles and neuronal cell losses in tau病 J Neurosci Res. 2011:89:576-584.
  2. 骚林顿:丛膜层内大細胞型B細胞リンパ腫、BRAIN MEDICAL 23:5-7, 2011
  3. 骚林顿:胚腫、BRAIN MEDICAL 23:109-111. 2011
  4. 骚林顿:胶肉芽瘤、BRAIN MEDICAL 23:305-307, 2011
  5. Honma T,Mochizuki Y,Mizutani T.Phosphorylated α-synuclein immunoreactivity in the posterior pituitary 瓣叶。 Neuropathology.2011 Nov 14.Doi:10.1111/j.1440-1789.2011.01273.x.「Epub ahead of print」
  6. 中尾雅美, 今井幸紀, 新井Jin Dynasty, 肖庄业, 安藤さつき, 水野芳枝, 吉野廉子, 木田美子, 冈冈和雄, 本谷大介, 藤森肯吉, 稲生実枝, 康郑智, 弘田, 小野淑一, 持田智:有茎性の粘膜下腫瘍様の内視鏡像を呈した胃hamartomatous inverted polypの2例、Progress of Digestive Endoscopy(1348-9844)79巻2号 Page66-67,4()
  7. 上原 K,Yasuda M,Ichimura T,Yamaguchi H,Nagata K,卡亚诺 H,Sasaki A,Murata S,Shimizu M:腹膜 granuloma associated with endometrioid adenocarccinoma of the uterine 资金。
  8. Diagn Pathol.2011 Oct28;6:104
  9. 卡亚诺 H,Sasaki A,et al.A case of monoclonal lymphoplasmacytosis of the bone marrow with IgM积极的 Russell 人称。 Bone Marrow 仔细考虑。 ID 914372,doi:10.1155/2011/814372

关系在议定书中拟定

  1. 本間琢:Angiocentric glioma様組織像を电影に伴うanaplastic ependymomaの一例、第一百零三北越竹脑溃疡仔细考虑会、新宿 、
  2. 川本孝一, 岛田小幸, 伊藤善啓, 中村裕一, Sam Mau长, 不要斑斓, 小野淑一:線維化と壊死を伴い顆粒球と好酸球が増殖する特異な骨髄像を呈した分類不克不及の骨髄増殖性腫瘍、临床血液(048~1439)52×3 Page152()
  3. 合格的吉林, 藤原文, 《西村》说话中肯Hirohito, 秋山长, 伊禮功, 原料部的台昌, 哈萨克族每周, 奇纳小山羊皮制品, 小野淑一:p53の免疫力染色工艺による赤白血病(AML-M6a)の分類、日本病理会(0300~9181)100, 1 Page391()
  4. 安倍晋三, 裕仁弘, 池田和子, 小野淑一, 堀田龙子, 竹田省, 井上:子宮内膜癌におけるFOXA1のエストロゲン応答性と臨床病理解析、日本激素的学会,87(1) Page358()
  5. 小野淑一:少数のRussell仔细的の结构を伴った骨髄限局性単クローン性リンパ球増殖症の1例、第一百日本病理会、パシフィコ闪电战、
  6. 金玲:117例の氰基母斑の再検討 –再評価された9例のpigmented epithelioid melanocystomaについて、第一百日本病理会、パシフィコ闪电战、
  7. 阿达奇愚蠢的行为、瓦基塔尼肯吉、三島一彦、铃木赤城、柳崎、福岡講平、松崎、骚林顿、西川亮:间变性的堕落展 oligodendrogliomaに対するBevacizumab投与後の病理像。次货十九点钟日本脑病理会、東京
  8. 小森高桥、骚林顿、廣瀬隆則、谷诚、铃木HiRooSoi:グリオーマ悪性度分類標準化の試み。次货十九点钟日本脑病理会、東京
  9. 阿达奇愚蠢的行为、铃木赤城、柳崎、三島一彦、福岡講平、瓦基塔尼肯吉、松崎、骚林顿、西川亮:初発小児gliomaにおけるMGMT遺伝子メチル化解析。次货十九点钟日本脑病理会、東京
  10. 三島一彦、骚林顿、铃木赤城、瓦基塔尼肯吉、阿达奇愚蠢的行为、小林町、藤高光、西川亮:悪性脳腫瘍が疑われた高齢者脱髄性疾患の2例。次货十九点钟日本脑病理会、東京
  11. 三島一彦、铃木赤城、骚林顿、西川亮:脊髄硬膜内髄外に発生したhemangiopericytomaの1例。2011 第26回日本脊髄伤科学会、沼津
  12. 福岡講平、铃木赤城、柳崎、瓦基塔尼肯吉、阿达奇愚蠢的行为、三島一彦、藤高光、松崎、西川亮、骚林顿:MIB-1 index高値を示したpineal parenchymal tumor of intermediate differentiationの一女児例。次货十九点钟日本脑病理会、東京
  13. 本間琢:大脳広範に皮膚型レビー仔细的、定型点、αシヌクレイン陽性顆粒を伴うがレビーニューライトに乏しいレビー仔细的疾患の一例、五十分之一二到神经质的病理学会的日本协会。、京城テルサ、
  14. 骚林顿:14歳女児Miller-Dieker综合征の1剖検例、五十分之一二到神经质的病理学会的日本协会。、京城テルサ、
  15. 本間琢:多彩な免疫力染色工艺性を示し診断に難渋している悪性脳腫瘍の一例-傅報告-、第一百零四北越竹脑溃疡仔细考虑会、東京医学学院、
  16. 小野淑一:病理CPC実習による先生の評価(2)過去8年間のアンケート解析
  17. 第四的十三岁日本医学教育学协会、广岛国际观众席、
  18. 木村纯基、井川助、本間琢、骚林顿、松崎: 進行性の認知・運動障害を呈し、広範な大脳白室病変を示した一剖検例、第九十八日本东边病理手续费、東京医学歯科学院、
  19. 中村裕一, 高崎, 伊藤善啓, 川本孝一, 岛田小幸, 井田洋子, Sam Mau长, 不要斑斓, 小野淑一:高等的の骨髄浸潤を伴い発症し、腸症型Tリンパ腫・typeIIと考えられたCD8+CD56+リンパ腫の1例、临床血液(048~1439)52×8 Page733-734()
  20. 毛叶秀一:骨髄の線維化を伴ったEBV関連血球貧食综合征の1例、第九回族骨病理仔细考虑会、川崎医学学院、
  21. 上田治一郎, 新井栄一, 城中村也长, 郝善赤, 永田耕治, 小野淑一, 骚林顿, 村田信子, 安田政府, 清旱路:高カルシウム血症を伴ったsubcutaneous fat necrosis of newbornの1症例、日本病理会(0300~9181)100, 2 Page38()
  22. 裕仁弘, 崇冲传, 安倍晋三, 池田和子, 堀田龙子, 小野淑一, 津田均, 小崎, 竹田省, 佐伯俊昭, 井上:乳がんならびに子宮内膜がんにおけるフォークヘッド転写决定因素的FOXA1の機能と臨床的意義、日本激素的学会,87(2) Page675()
  23. 岫岩马萨卡、金野美年子、近藤凡子、望野唯明、土居美用枝形叶脉刺绣花纹装饰、瀬山幸子小野淑一、骚林顿、清旱路:高齢者脱髄性疾患の細胞像、 五十分之一日本临床细胞学会减少讨论会、東京、

講演・講習会

  1. 骚林顿:脳悪性リンパ腫の病理腫瘍、教育学コース 第29回日本脳腫瘍病理会、東京、.
  2. 骚林顿:術中神速診断の要点―病理、第5回診断病理サマーフェスト、京城、.

Add a Comment

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注